So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
育てる調べる (は) ブログトップ

フジ [育てる調べる (は)]

*管理(水のやり方)
:土が乾いたら水をやる。



*育て方(肥料等)
:12月に油かすを置く。



*増やし方
:5月頃に水苔を枝につけて取り木する。



:半日陰に置く
nice!(0) 

班入君子ラン [育てる調べる (は)]

*管理(水のやり方)
:土が乾いたら水をやる。



*育て方(肥料等)
:12月に油かすを置く。



*増やし方
:3月頃にイモを分けて植える。



:半日陰に置く
nice!(0) 

葉サンショウ [育てる調べる (は)]

*管理(水のやり方)
:土が乾いたら水をやる。



*育て方(肥料等)
:12月に油かすを置く。



:半日陰に置く
nice!(0) 

牡丹(ホタン) [育てる調べる (は)]

ホタン科ボタン属

古代から薬用として育てていました。
原産国は中国を中心に東洋に分布しています。
ボタンは「百花の王」と言われています。



栽培環境:

通年風通しの良い日当たりで育ちます。
春には芽をふき花を大きくつけるのが春ボタンです。
冬に咲く寒ボタンは雪よけのこもに守られ静かに咲きます。



水やり:

地か植えの場合は、夏に2~3日に一度水をやります。
鉢植えの場合は、春先から秋までは上の土が乾いたら
毎日でも適量の水をあげて下さい。



肥料:

秋に元肥を春になり小さな花芽がでたら肥料を適量
あげて下さい。
肥料は油かすをスプーン5杯程度おいて下さい。



植え替え:

ボタンの植え替えは、秋です。
根は沢山ついていないのが普通です。
通常、ボタンの花はシャクヤクの台にボタンを
接木してあるのがほとんどなので、優しく植え替え
するようにご注意下さい。


増殖:

実生は秋に種を取り、春に植えますが冷蔵庫で
種を1週間冷やしてからまいて下さい。
シャクヤクの台から芽が出てくるとまめに切って
下さい。



nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホトトギス(不如帰) [育てる調べる (は)]

ホトトギスはゆり科ホトトギス属です。

本州(関東地方以西)・四国・九州に分布し、山林や崖などの日陰に生える多年草です。


茎は長さ40~80センチで、茶色の毛が斜め上向きに生えます。



栽培環境:

新芽が伸び出すのが3月頃で、5月頃まではよく日に当てます。
以降は風通しの良い半日陰か朝日のみ当たる場所で管理します。
開花は8~10月です

休眠の11月~春の芽だしまでは半日陰の棚下などにおきます。


水やり:

水切れを嫌い、葉焼けの原因にもなるので、地上部のある間は
一日一回、休眠期でも数日に一回は行います。

水の好きな植物です。


肥料:

肥料を与えると花付きが良くなります。
植え付けの時の元肥のほか、春の置き肥料も効果的です。
油かすをスプーンに2杯ぐらいを目安に与えてください。


植え替え:

毎年芽だし前か秋に株分けをします。
土は、赤玉土(小)・鹿沼土の混合土が最適です。

やや深植えにすると乾燥を防ぎます。


増殖:

一般的な株分けのほかに、挿し芽・実生ができます。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ほたるぶくろ [育てる調べる (は)]

ほたるぶくろは、ききょう科ほたるぶくろ属です。

日本各地に分布し、山野や丘に生える多年草です。

開花は6~7月に下向きに咲きます。



DSCN0030.jpg




栽培環境:

日当たりと風通しの良い棚上で管理しますが、夏は風通しの良い
日陰に移します。


水やり:

成長期は一日一回、たっぷりやります。
冬は乾いたら、暖かい日の午前中に少しやります。


肥料:

とても丈夫で大型になるので、肥料はほとんど必要ありません。


増殖:

株分け、根伏せ、種まきで殖やせます。
株分けの時に走出枝も切って植え付けます。
根伏せは株分けの時に切った根を重ならないように並べて土を
乗せます。

種まきは、8月に植えます。



nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヒゴスミレ [育てる調べる (は)]

IMGP0061.JPG


日本各地に分布し、日当たりの良い草地や田畑の土手などに生える多年草です。

葉は細かく切れ込み、花は白、芳香がある。


栽培環境:

通年日当たりで管理しますが、一般的に栽培されるほとんどの種類は、
夏は半日日陰の涼しい場所に置きます。


水やり:

春・秋は1日1回を目安に充分に与えます。
冬は乾かない程度に水を与えます。


肥料:

植え付け時に元肥としてマグァンプkを少量混入し、春・秋に月2~3
回程度液肥を与えます。


植え替え:

花前か花後に、底穴の大きいやや深めの鉢に硬質赤玉3・硬質鹿沼土3・
軽石3・発行バーク1の混合土を基本に植え替えます。


増殖:

スミレの栽培は株の更新がポイントなので、実生します。
実生は夏に採った種を秋にまくと春には芽が出ます。



nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
育てる調べる (は) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。